PAGE TOP

パーフェクトウォールとは

ホーム > パーフェクトウォールとは
 
両断熱型枠兼用パネル工法
 
日本国内および世界数か国にも特許出願中!
木製の型枠を使用せずに簡単にコンクリートの両断熱、
外断熱の建造物ができる画期的な特許工法です。
 
夏涼しく、冬暖かい!
高品質な耐久性を誇る次世代型簡単省エネエコ工法!
 

パーフェクトウォールは6工程で施工可能

[1] バタ受けをセットし、パーフェクトウォールの足元をバタ角で固定する。(外側)

土間コンまで完了した後、捨セバを利用して外部バタ受けを土間コン天端より3~4センチ程度上がるようにセットします。ベランダ及び廊下等の取合いの部分はアングルを用いパーフェクトウォールの通りを決めます。

[2] 内側のパーフェクトウォールの墨出し。

内側のパーフェクトウォールの墨出しをし、通り決め壁鉄筋組み完了後アングルを固定しパーフェクトウォールを建て込みしていきます。

[3] 内側はアングルを用い固定する。

パーフェクトウォールが鉄筋側にずれないようにアングルにビスで固定しておきます。

[4] 在来工法同様パーフェクトウォールをアルミ金物で固定する。

アルミ金物で固定します。開口部は型枠で作成しパーフェクトウォールの開口部にはめ込み左右はセパレーターで固定。出入り方向はアルミ金物で固定されます。縦・横方向で部材が届かない部分が出た場合はジョイント部材で継ぎ足し施工します。

[5] 壁パーフェクトウォールとスラブ型枠の固定。

在来工法同様サポート及びバタ角でスラブ下地をします。外壁用固定金物をバタ角に直角になるよう並べます。スラブ取合いはスラブコンパネよりスラブ引き金物で固定します。

[6] コンクリート打設。

固め完了。画像のように固定しコンクリート打設をします。

スペース

パーフェクトウォールのココがスゴイ!

1.省コスト

搬入した型枠をそのまま断熱材に利用するので、搬出の手間は必要ありません。また、型枠と断熱材の一体化により、労力と時間の大幅短縮となります。その結果、在来工法より工期の短縮ができ、一層のコスト削減につながります。

2.高耐久性

コンクリートが内側と外側の両面から断熱材に守られ、空気にふれることなく硬化します。これによりコンクリートが酸化しにくく、劣化の速度を極めて緩やかに抑えることができ、コンクリートの劣化を防ぎます。
これぞ、100年住宅と言われる理由です!
木造のように返済途中で価値がゼロになる心配はありません。

3.高気密性

壁の内側と外側から断熱するため、建物全体を断熱材ですっぽりと包みこむことなります。さらに、ペアガラスと断熱用ドア、サッシの併用でより強固に超高気密性能を達成することができます。

4.遮音性

室内外からの音の侵入を抑え、快適に過ごすことができます。

5.耐火性能

万一の火災でも延焼を防ぎ、高い耐火性能を誇ります。
(財)建材試験センターにて平成12 年建設省告示1399 号第一第四号に定める
耐火構造の耐力壁で有る外壁として、認定を受けています。(性能保証)

6.断熱性

施工する地域の気候条件に合わせ、50mmと90mmの2種類の厚さのEPSパネルを使用します。外気を遮断し内部の熱を逃がさない構造は一年を通じて快適温度を保ち、カビ・ダニの原因となる室内の結露を防止することができます。
※ロクセルボードへの対応も可能です。

7.コストパフォーマンス

抜群な断熱効果により、光熱費の大幅削減が可能です。

従来壁とパーフェクトウォールの冷暖房にかかる電気量をLDK12帖で比較してみました!

※設定条件:冷房 26℃、冷房湿度 50%、暖房温度 22℃、暖房湿度 40% (EPSパネル・厚さ45mmの場合)
 
  • 冷房の電気量合計で比較すると、約16%お得!
    冷房 電気量(kw)合計
    従来壁32.09
    パーフェクトウォール26.84
  • 暖房の電気量合計で比較すると、約36%お得!
    暖房 電気量(kw)合計
    従来壁40.69
    パーフェクトウォール26.09

スペース

在来工法との違い

画期的な特許技術「両断熱型枠兼用パネル工法」パーフェクトウォールは、型枠をそのまま断熱材として使用するため「型枠解体」「断熱施工」の手間は不要です!!
  • 一般在来工法との違い
  • 型枠を固めるアルミ金物は軽量で扱いやすいため、著しく施工性が向上!
    精度を保持したまま工事のスピードアップと簡素化、コストダウンを実現!
    3階建てなら約1ヶ月の工期短縮
     
     
    施工業者様にも施主様にも嬉しい!
    建築コストを大幅ダウンできる次世代型簡単省エネエコ工法です。
  • 鉄筋組立

  • 鉄筋組立
  • 施工過程2

  • 型枠組立
  • 施工過程3

  • 型枠組立
    ※金物は全てパネルに密着します。
  • コンクリート打設

  • コンクリート打設
  • 仕上内装前
    ※6面全て保温材に包まれています。
  • ※外装仕上前

  • 外装仕上げ前
  • 仕上内装

  • 仕上内装
  • 完成

  • 完成

スペース